レディ

エグゼクティブ求人をチェックしておく利点

薬の開発に関わる仕事

薬

臨床試験の被験者になる

医薬品や医療機器といった製品は使用することで人間の健康に重大な影響を及ぼすため、極めて高い安全性が要求されます。そのため、開発段階において効果や性能を調べるさまざまな実験が繰り返されます。こうした実験のうち、開発の最終段階に行われるものを治験といいます。治験は、国の承認を受けるために必要なデータを集めるためのもので、一般の人が実際に製品を使用することが条件となります。この試験の被験者となる人のことを、治験モニターといいます。治験モニターは、試験に参加することで報酬を受け取ることができます。正式な位置付けは有償ボランティアという形になりますが、インターネットの就職情報サイトの中にはアルバイトの1つとして紹介しているところもあります。

通院と入院の2タイプ

治験モニターには大きく分けて通院タイプと入院タイプの2つがあります。医薬品の場合を例にとってみると、通院タイプの場合は薬を渡され、決められた用法・用量に従って自宅で服用します。そして定期的に医療機関に通い、身体検査を受けます。一方、入院の場合は医療機関内に寝泊まりしながら薬の投与と検査を受けます。通院タイプに比べると実施期間は短く、数日から1か月程度です。生活の制限は大きいですが、報酬は総じて通院よりも高めです。モニターになるには、募集広告を見て製薬会社等に直接応募するか、ボランティアを随時募集している専門事業者に登録して待機するかのいずれかとなります。応募に際しては、過去の病歴や使用中の薬などに関する審査を経た上で採用の可否が決まります。